障害年金の請求を応援する社会保険労務士のブログ

障害年金の仕事が大好きな東京都町田市の社会保険労務士が、誤解だらけの障害年金のことを暑苦しく語ります。

共著『就労にまつわる障害年金請求・相談のポイント』が出版されました

f:id:yotsuba-support:20181028161850j:plain

連続して出版の話になってしまいますが(そして発売からすでに1週間ほど経ってしまいましたが)、執筆に参加させていただいた障害年金の本(共著)が、このたび出版されました。 

障害年金を取り巻く誤解のひとつに、「仕事をして収入を得ていると障害年金はもらえない」というものがありますが、そのようなことはありません。

とはいえ、特に精神疾患や、がん、難病などの内部障害では、就労により認定の難易度は上がりがちです。

この本は、それらの疾患にスポットをあて、就労していても障害年金が認定されている事例を紹介しながら、認定の基準や請求のポイントなどを解説した、ちょっとめずらしい解説書です。

私は精神障害を担当させていただきました。

本の内容と構成

大まかな内容は次のようになっています。

  1. 総論
  2. 精神の障害
  3. アルコール依存症・双極性障害、高次脳機能障害
  4. がん
  5. 難病、内科系疾患
  6. 資料

それぞれ、実際の事例を紹介しながら、適用される障害認定基準や認定の考え方、医師に診断書を依頼するとき気をつけること、病歴・就労状況等申立書のポイントなどについて、「就労の事実」をふまえながら解説しています。

診断書や病歴・就労状況等申立書の抜粋も、随所に掲載されています。

出来上がった本をあらためて読んでみて、著者のひとりが言うのもなんですが、良い本に仕上がっているなぁと思います。なんといっても視点が優しいのです。

疾患をかかえながら就労されている方、これから就労しようとしている方はもちろん、就労されていない方にも、参考になる部分がたくさんあると思います。

ご本人やご家族など当事者の方や、支援者の方にも、ぜひ、読んでみていただけたら嬉しいです。

近況など

2冊の本が無事出版の運びとなり、執筆の仕事からとりあえず解放されたはずなのですが・・・相変わらず落ち着かない毎日です。なぜだろう。

少しずつ、ブログでの情報発信も再開していきたいと思っていますので、どうか見捨てず、時々のぞいてやって下さい。 

そして、9月に発売された『障害年金実務必携』も、引き続きよろしくお願いします!