障害年金の請求を応援する社会保険労務士のブログ

障害年金の仕事が大好きな東京都町田市の社会保険労務士が、誤解だらけの障害年金のことを暑苦しく語ります。

障害年金の請求の種類・方法〜障害認定日請求と事後重症請求

f:id:yotsuba-support:20180615145534j:plain

前回の更新からかなり間が空いてしまいました。今回は障害年金の請求の種類や方法についての話です。

障害年金の請求方法には、大きく分けると、「障害認定日請求」と「事後重症請求」の二種類があります。それぞれ解説していきますね。

障害認定日請求

障害認定日(*)での障害等級認定を求める請求方法です。認定された場合、障害認定日に受給権が発生し、その翌月分からの年金が支給されます。

*「障害認定日」については前回の記事を参照して下さい。

blog.yotsuba-support.net

障害認定日請求は、請求時期により、「本来請求」と「遡及請求」に分かれます。

本来請求

障害認定日から1年以内に請求する場合をいいます。

障害認定日から3か月以内の障害の状態で作成された診断書の提出が必要です。

遡及請求

障害認定日から1年以上経過後に請求する場合をいいます。

診断書は、障害認定日から3か月以内の障害の状態で作成されたものと、請求日以前3か月以内の障害の状態で作成されたものの2通の提出が必要です。

障害認定日で認定されると、障害認定日の翌月分からの年金が、初回支給月にまとめて支給されることになります。

ただし、年金の支払期*1ごとに発生する年金を受け取る権利(「支分権」といいます)が5年で消滅時効することから、初回に受け取れるのは、最大で、請求前5年分ということになります。

よく社労士さんのホームページで「5年分まとめて受け取れる!」と書かれているのは、このためなんですね。

そうですね。「5年分」が強調されすぎているような気がして、誤解がおきないか少し心配です。たとえば障害認定日が請求の2年前であれば、初回に受け取れるのは2年分ということになります。

なお、受給権(年金を受給する基本的な権利で「基本権」といいます)には時効が適用されない扱いがされていますので、請求自体は何年でもさかのぼってできます。

20歳前に初診日がある場合の取扱い

前回も書きましたが、20歳前に初診日がある場合、障害認定日が20歳到達日(20歳の誕生日前日)より後にある場合はその日、20歳到達日より前にある場合は20歳到達日が、障害の状態を認定する基準日になります。

障害認定日請求をする場合は、それぞれの日の前後3か月以内の症状で作成された診断書の提出が必要です。

事後重症請求

障害認定日に障害等級に該当する障害の状態になかった人が、その後の障害の悪化により等級に該当する状態になった場合の請求方法で、65歳の誕生日の前々日まで請求が可能です。

請求日以前3か月以内の障害の状態で作成された診断書の提出が必要で、認定された場合、請求月に受給権が発生し、その翌月分からの年金が支給されます。

障害認定日の障害の状態が重くても、すでにカルテが廃棄されているなどし、障害認定日の診断書が提出できない場合があります。このような場合にも、基本的には事後重症請求をすることになります。

事後重症請求の場合、請求月の翌月分からの年金支給となるため、障害状態に該当したら、なるべく早く請求することがポイントです。

まとめと近況

請求の種類には「初めて2級」というものもあるのですが、これは「併合」という取扱いが絡んで、けっこう複雑な話になるため、またの機会にします。

近況として、以前もちらっと書いたことがあるのですが、医療相談・年金相談の現場で使える(使っていただきたい)障害年金の解説書を作っています。現在、2回目の校正など追い込みに入っているところです。本が出来上がったら、ブログも少しこまめに更新できるようになるかなぁと思っています^_^;

*1:2月、4月、6月、8月、10月、12月の偶数月。それぞれ前月分と前々月分の2か月分ずつ支給されます。