障害年金の請求を応援する社会保険労務士のブログ

障害年金の仕事が大好きな東京都町田市の社会保険労務士が、誤解だらけの障害年金のことを暑苦しく語ります。

障害年金を請求するための最初のステップ。障害年金の初診日とは。

f:id:yotsuba-support:20180526102428j:plain

自分で(または家族等が)障害年金を請求しようとするとき、まずは年金事務所や街角の年金相談センター、あるいは市区町村の国民年金の窓口などに相談に行くことになります。*1

そこで必ず聞かれるのは「初診日はいつ頃か」ということです。

最初から社労士に依頼する場合は、自分で年金事務所等に行く必要はありませんが、多くの場合、社労士もまず初診日を確認します。今回は、この初診日についてお話します。

なぜ初診日が重要なのか

前回も書いたとおり、初診日はとても重要です。受給の大前提である加入要件や保険料納付要件は、初診日で決まるからです。

blog.yotsuba-support.net

また、障害認定日*2も多くの場合は初診日で決まりますし、それにより請求の種類が異なります(障害認定日や請求の種類については、追って詳しく書きます)。

さらに、厚生年金の場合、受給できる厚生年金額は障害認定日がいつになるかにより(つまり初診日が基準となって)変わってきます。

そもそも障害年金を受給できるのかどうか、受給できる場合はどの制度なのか、障害認定日はいつで、請求の種類はどうなるか、厚生年金の場合の年金額はいくらかといったことが、初診日によって変わってくるのです。

そのため、年金事務所の受付の段階でも、年金機構本部の審査の段階でも、初診日の確認は慎重に行われます。

障害年金の初診日とは 

障害年金の制度上、初診日とは、障害年金を請求する障害の原因となった傷病について、初めて医師の診療を受けた日をいいます。

診断がついたのは今の病院だから・・・初診日は2年くらい前かなぁ?

ということは、その前に受診した医療機関がありますか?あれば、診断がついていなくても、そちらが初診日の可能性があります。

診療科が違っても、診断がついていなくても、仮に誤診であっても、障害の原因傷病の初期症状や関連症状で受診していることが、ある程度明確であれば、そこが初診の医療機関となります。

(「ある程度明確であれば」というのは曖昧な書き方ですが、実際に曖昧なケースも多いのが実情です)

ただし、一部の疾患では、他の取扱いをするケースもあります。日本年金機構の資料では、次のような場合が例示されています。

  • 初めて診療を受けた日(治療行為または療養に関する指示があった日)
  • 同一の傷病で転医があった場合は、一番初めに医師等の診療を受けた日
  • 過去の傷病が治癒し同一傷病で再度発症している場合は、再度発症し医師等の診療を受けた日
  • 傷病名が確定しておらず、対象傷病と異なる傷病名であっても、同一傷病と判断される場合は、他の傷病名の初診日が対象傷病の初診日
  • じん肺症(じん肺結核を含む。)については、じん肺と診断された日
  • 障害の原因となった傷病の前に相当因果関係があると認められる傷病があるときは、最初の傷病の初診日が対象傷病の初診日
  • 先天性の知的障害(精神遅滞)は出生日(*1)
  • 先天性心疾患、網膜色素変性症などは、具体的な症状が出現し、初めて診療を受けた日
  • 先天性股関節脱臼は、完全脱臼したまま成育した場合は出生日が初診日、青年期以降になって変形性股関節症が発症した場合は、発症後に初めて診療を受けた日  

(*1)知的障害の初診日については、こちらの記事で詳しく書いています。

blog.yotsuba-support.net

まとめ

初診日については、相当因果関係や社会的治癒、初診日の証明が取れない場合はどうしたらいいかなど、まだまだたくさんありますので、これからも少しずつ書きます。

年金事務所等に相談に行かれる前には、初診日がいつ頃だったか確認してみて下さいね。

*1:市区町村で受け付けられるのは基礎年金のみです。年金事務所や年金相談センターは、基礎年金と厚生年金のいずれも、また住所地に関わりなく受け付けてくれます。

*2:障害の状態を認定する最初の基準日。初診日から1年6か月経過日が原則ですが、障害の状態により、それより前が障害認定日になる特例もあります。